オーディオ・楽器

テクニクス(Technics) 買取


テクニクスは、パナソニックの音響楽器向け登録商標です。
1971年発売のスピーカーの
ペットネームで初めて用いられました。

Technicsの名は、「げんこつ」の愛称で親しまれた輸出用に初めて"Pana Sonic"商標が用いられたスピーカー「8P-W1」の設計者である阪本楢次と、大口取引先だった日本橋電気街の河口無線の当時の会長との会話の中で決められたそうです。1960年代末に開発されたスピーカーシステム、ダイレクトドライブモーターから始まり、中〜高級オーディオ市場に進出。その後は低価格帯の音響機器にも使用し、電子オルガンの「テクニトーン」、電子ピアノ、消音ピアノユニット等もテクニクスブランドで販売しました。大手総合家電メーカーが軒並みオーディオ分野に進出する中で成功を納め、ダイレクトドライブ、リニアフェイズ、擬似A級、そしてNTTとの共同開発によるMASH等、下記する数々の新技術を開発・商品化して、名機と呼ばれる機種も輩出しました。オーディオ専業メーカーとは異なり、大企業の一事業部としての採算性の制約から発売機種は低〜中価格帯の分野に集中しており、当初はテープデッキが録音機事業部、それ以外がステレオ事業部と分かれていました。1980年代後期にステレオ事業部が録音機事業部のテクニクスブランド部門を統合してハイファイオーディオ事業部となり、録音機事業部の残りの部門はゼネラルオーディオ事業部となりました。1990年代以降は、バブル崩壊や、デジタル化の急速な進展に伴うオーディオブームの衰退で販売実績が低迷。末期には単品コンポを始めシステムコンポ、ポータブルCDプレイヤーがあったが、間もなくこれらの生産販売から撤退しました。

アールリサイクルへの買取依頼はフリーダイヤル090-8010-0983へ、メールでのお見積もり依頼はこちらから。

ページトップへ戻る

アールリサイクル大阪