オーディオ・楽器

三味線 買取


三味線は日本の有棹弦楽器です。
はじいて演奏される撥弦楽器になります。

楕円形の胴に革を張り、棒状の長い棹を取り付けたリュート属弦楽器は、すでに古代エジプトの壁画に見られます。しかしこれが三味線の直接的な祖先かどうかは不明。一方同じような楽器が中国秦代にも現れ、やがて奚琴となり、トルコ族によって中東に伝えられてラバーブになりました。このラバーブが後に中東及びイランのセタールとなったという説があります。これは「3つの弦」の意であり、これが三味線の祖先とされます。その後中国に入り、三弦が生まれます。 琉球王国と中国との貿易により琉球にもたらされ、宮廷音楽に採り入れられて三線となりました。これが三味線の原型という説が1番有力な説で、後に琉球処分により琉球王国は日本国に併合された為、沖縄県では今でも方言の「サンシン」と、日本語の「シャミセン」との二つの呼称が併存しています。

アールリサイクルへの買取依頼はフリーダイヤル090-8010-0983へ、メールでのお見積もり依頼はこちらから。

ページトップへ戻る

アールリサイクル大阪