オーディオ・楽器

シンセサイザー 買取


シンセサイザーは、一般的には主に電子工学的手法により
楽音などを合成する楽器で
ミュージック・シンセサイザーの略です。

1956年頃に、RCAプリンストン研究所の ハリー・オルソンとハーバード・ベラーが「RCA マークII サウンド・シンセサイザー」という真空管製でパンチテープ制御式のコンピュータ用音源を開発し、1957年コロンビア大学に同機は設置されました。歴史上「シンセサイザー(合成)」という単語が使われた初めての音響合成機器となっており、構成図によれば 現在のアナログシンセサイザーの基本要素をほぼ備え、録音によれば 初期DTM音源と同程度の演奏が可能だった事を確認できます。同機は、確率論に基づく音楽の数学的解析と音楽生成手法の研究のために開発された音源であり、音響合成の研究や楽器の確立は特に目的としていませんでした。

アカイ/AMDEK/WAVE KIT/東洋楽器/カシオ/学研/コルグ/セイコー/星野楽器/テクニクス/テスコ/カワイ/パール/ヤマハ/ファーストマン/REON/日立/ローランド/アクセス/モーグ/DSI/EMS など・・・

アールリサイクルへの買取依頼はフリーダイヤル090-8010-0983へ、メールでのお見積もり依頼はこちらから。

ページトップへ戻る

アールリサイクル大阪