ハーモニカ 買取


ハーモニカは自由簧を使った小さな楽器で、
おもにポピュラー音楽や民族音楽で使われます。

ハーモニカの発明者は諸説ありますが、1820年頃に作られたオルガンの調律用の道具が起源といわれ、1821年、ドイツのベルリンで、オルガン職人の息子、クリスチャン・フリードリッヒ・ルードヴィッヒ・ブッシュマンという当時16歳の少年が、「AURA(オーラ)」というハーモニカの原型を試作した物が発明者として有力であります。彼はアコーディオンの発明者としても知られており、「AURA(オーラ)」はオルガンの調律用に鉄製リードを付けた笛です。現代のハーモニカの音階の標準配列を考案したのは、ジョセフ・リヒターです。ジョセフ・リヒターが開発したため、西洋式標準配列は「リヒター配列」とも呼ばれます。

東海楽器/ヤマハ/ゼンオン/鈴木楽器/ホーナー/トンボ など・・・

アールリサイクルへの買取依頼はフリーダイヤル090-8010-0983へ、メールでのお見積もり依頼はこちらから。

ページトップへ戻る

アールリサイクル大阪