オーディオ・楽器

エレキベース 買取


エレクトリックベース、略してエレキベース。
略されずに呼ばれることが少ない、
低音部の撥弦楽器です。

本来、エレクトリックベースは電気信号を別個の発音機器に送る低音域用の弦楽器という意味で、それ自体に音を発生させる機能がある低音域用の弦楽器であるアコースティック・ベースの対義語です。しかしエレキベースが世に出た当初は他にこのような電気信号式のベースはなかったことから、自然この語はほぼ排他的にエレクトリックのベースギターを指す語となります。1960年代まで米国では、「フェンダーベース」という呼称が一般的でした。この呼称は初めて量産されたフェンダー社のプレシジョンベース、及びその後継機種であるジャズベースの流通量の豊富さ、ミュージシャンの使用頻度の高さによるものと思われます。エレクトリックベースの呼称は、米国のセッションベーシストであるキャロル・ケイが自著「How to play electric bass」で用いたのが最初といわれています。

ヘフナー/デューゼンバーグ/アイバニーズ/アトリエ/アリア/イーエスピー/キャパリソン/キラーギターズ/コンバット/グヤトーン/グレコ/スギギター/テスコ/ディバイザー/ニル/バッカス/ヴァンザント/フェルナンデス/フェンダー・ジャパン/フジゲン/ムーンギターズ/モモセ/ヤイリ/東海楽器/ゼマティス/ヴォックス/B.C.リッチ/エピフォン/ギブソン/グレッチ/サー/シェクター/シャーベル/ジャクソン/ディーン/トム・アンダーソン/フェンダー/ポール・リード・スミス/メランコン/モズライト/リッケンバッカー/ロバート・ベネット/ワッシュバーン など・・・

アールリサイクルへの買取依頼はフリーダイヤル090-8010-0983へ、メールでのお見積もり依頼はこちらから。

ページトップへ戻る

アールリサイクル大阪