留袖 買取


留袖は、和服の一つで、
平民の既婚女性が着用する最も格の高い礼装である。
着物の格においては第一礼装になります。

元々、江戸時代には若年者が着用する振袖の長い袖を結婚後に留めて短くし、身八口を縫いとめる習慣があり、これらの着物を柄いきに関わらず全て留袖といっていました。ここから、留袖という名称自体がやがて「既婚女性の礼装」という意味に変わっていきました。近年、留袖と言われているのは、化政文化で華やかな頃、江戸で芸者から流行が広がった「江戸妻」と呼ばれる下半身部のみに模様の入った着物を指します。また、八掛は「無垢仕立て」と言って必ず表と同じ生地を用いて作られています。この場合は、この表から見えない八掛にも模様が入ることがあります。


    • 型崩れ・破れなどのないもの
    • 有名デザイナーやブランドのもの
    • 帯や草履などとセットのもの
    • 専用の箱や手入れのされているもの

アールリサイクルへの買取依頼はフリーダイヤル090-8010-0983へ、メールでのお見積もり依頼はこちらから。

ページトップへ戻る

アールリサイクル大阪