きもの・和装小物

帯締め 買取


帯締めは、着物の着付けをするために必要な小道具の一つ
帯を固定するのに用いる紐です。

帯締めは、江戸時代の文化年間に誕生しました。当時人気であった歌舞伎役者が衣装の着崩れを防止する為に、帯の上に締めた紐が帯締めのルーツであります。それを真似て装った女性らに流行し、その便利さから「帯締め」として庶民に定着しました。帯止めには二種類あり、一つは丸ぐけと呼ばれ、布で綿をくるんだ紐になります。もう一つは組み紐になります。組み紐は、さらに「丸打ち」「角打ち」「平打ち」と三種類に分けられます。組み紐は、日本の伝統工芸であります。帯締めを一本仕上げるのにかなりの熟練技術と集中力が要求されるため、近年日本各地で後継者不足に悩まされているそうです。


    • 綺麗に装飾のされているもの
    • ほつれ・破れなどがないもの
    • 数本セットのもの
    • 帯や着物とセットのもの

アールリサイクルへの買取依頼はフリーダイヤル090-8010-0983へ、メールでのお見積もり依頼はこちらから。

ページトップへ戻る

アールリサイクル大阪