きもの・和装小物

長襦袢 買取


襦袢はアラビア語がポルトガル語化した語を音写した語で
漢字は当て字になっています。
元来は丈の短い半襦袢が使用されていました。

肌襦袢と長着の間に着る襦袢で形状は着物に似ています。衽(おくみ)のような竪衿がついた関西仕立てと通し衿の関東仕立てがあります。素材は主に木綿やモスリン、ウール、絹、織物は羽二重、正絹、縮緬が、夏には麻、織物は絽が用いられます。着丈で仕立てられている対丈と長着同様、おはしょりが出来るよう仕立てられているものがあります。着用の際には前もって衿ぐり部分に半衿を縫い付けておき、単や袷のほかに、胴裏を省いた胴抜仕立てがあるります。最近は対丈で胴抜仕立てで袖は袷用の無双袖(一枚の布で表と裏を作る)が主に使われております。襟には半衿を縫いつけ色を変えることも出来きます。背広に例えるとワイシャツやブラウスに該当します。


    • 着物などとセットのもの
    • 破れや型崩れなどのないもの
    • 数枚セットのもの
    • 汚れやシミなどがないもの

アールリサイクルへの買取依頼はフリーダイヤル090-8010-0983へ、メールでのお見積もり依頼はこちらから。

ページトップへ戻る

アールリサイクル大阪