きもの・和装小物

振袖 買取


振袖は、未成年が着る和服。
袖の「袂」(たもと)が長いために振袖と呼ばれています。
振袖を着用する機会に多いのは成人式や結婚式の披露宴です。

未婚の女性が祭礼や儀礼的な場面で着用する正装の晴れ着である和服が振袖になります。袖に腕が入る方向に対して垂直方向の袂の長さが袖丈です。和裁の袂はその長さにより「大振袖」(袖丈144cm前後)・「中振袖:(袖丈100cm前後)・「小振袖」(袖丈85cm前後)に分類されます。身頃に近い方の袖端を縫い付けず開けている部分を振八つ口といい、振袖も振八つ口を持ちます。江戸時代初期に留袖には振八つ口がなく、「振八つ口が開いている服」を振袖と呼んでいた説があり、袖丈が長い和服を振袖と呼ぶようになるのは、江戸時代の留袖に振八つ口が出来た後であると思われます。袂の長い「振袖」の和服は花嫁衣裳の打掛にもみられ、振袖は一般的には未婚女性の和服である為、既婚の女性は通常は振袖を着ないものである。近年では小振袖はほとんど着用されませんが、格式があれば中振袖でも第一礼装とし通用するとされ、一般的な大振袖より格が落ちるわけではなく、むしろ古風とされております。


    • 帯などと一式セットのもの
    • 破れやシミ、めだった汚れのないもの
    • 人気ブランド・人気デザインのもの
    • 色落ちや型崩れのないもの

アールリサイクルへの買取依頼はフリーダイヤル090-8010-0983へ、メールでのお見積もり依頼はこちらから。

ページトップへ戻る

アールリサイクル大阪