半衿 買取


半衿とは、和服用の下着である襦袢に縫い付ける替え衿のこと。
名前の由来は、その長さが実際の襟の半分程度だからです。

本来の目的は襦袢を埃、皮脂や整髪料から保護するものであるが、顔に近い部位に身につけるものであることから着こなしのポイントとして重要視され、刺繍などによる豪華な装飾を施した数十万円近い価格帯の半襟も存在します。半襟を下着の一部と考えれば、その一部を見せるのが正式の着用法である点で、世界の民族衣装のなかでも例外的であり、背広のウェストコートの白衿や、セパレートカラーや襞襟のワイシャツに該当します。女性向けのものは、戦前は色衿や刺繍衿が中心であったが、1940年に公布された奢侈品等製造販売制限規則をきっかけに白衿に移行し、戦後になり色衿が若干復活したが、高度経済成長期の和服の脱・普段着化に伴い、ほとんど白衿一辺倒となりました。現在は、白以外にも、和服の色に合わせて赤、黄、青、緑、桃色、水色、紫など殆んど無数の色が存在します。


    • 数枚セットのもの
    • 破れやシミ、めだった汚れのないもの
    • ほつれなどのないもの
    • デザインなどの装飾がきれいなもの

アールリサイクルへの買取依頼はフリーダイヤル090-8010-0983へ、メールでのお見積もり依頼はこちらから。

ページトップへ戻る

アールリサイクル大阪