きもの・和装小物

帯揚げ 買取


帯揚げは着物の着付けに用いる
小道具の一種で、帯枕を包むものです。
帯から少し見える為、着物や帯と合わせることが多いです。

帯揚げの歴史は浅く、登場は江戸時代末期になります。深川芸者が「太鼓結び」を発案したとき、帯の形を整えるために帯枕も発案されたが、この帯枕を隠し、かつ重くなった帯を支える為に発明されたのが帯揚げではないのかと考えられております。大衆化したのは錦絵の記述などから明治10年頃とされます。帯揚げが商品化されたのは更に時代が下がり、新聞広告などから見て明治40年頃だと思われます。慶事の礼服は白色、弔事の礼装は黒色が一般的で色が派手な総絞りの帯揚げは振袖向きと言われております。


    • 数枚セットのもの
    • 綺麗に手入れのされているもの
    • 着物とセットのもの
    • 有名メーカー・デザインのもの

アールリサイクルへの買取依頼はフリーダイヤル090-8010-0983へ、メールでのお見積もり依頼はこちらから。

ページトップへ戻る

アールリサイクル大阪