きもの・和装小物

七五三 買取


七五三は、7歳・5歳・3歳の子供の成長を祝う日本の年中行事。
天和元年11月15日に館林城主である徳川徳松の
健康を祈って始まったとされる説が有力である。

現在は「七五三」という名称から、その年齢にやる同じ行事のように捕らえられ、そうなりつつあるが実際には、それぞれの年齢で行う、別々の異なった行事であり、3つの子供の行事を「七五三」と呼んだ為に本来の神事の内容が薄れ、同じ行事のように思われております。3歳になる年を「髪置きの儀」とし、男女とも行う。(3歳までは髪を剃る習慣があったため、それを終了すること。)5歳になる年を「袴儀」とし、男の子が行う。(男子が袴を着用し始めること。)7歳になる年を「帯解きの儀」とし、女の子が行う。(女子が幅の広い大人と同じ帯を結び始めること。)この儀は江戸時代に始まった神事である為、旧暦の数え年で行うが正式となります。ただし、神事とは、感謝をささげ祝うことが大切であるため、現在では時期にこだわりすぎず満年齢で行う場合も多いそうです。


    • 小物など、一式揃っているもの
    • 破れやシミ、めだった汚れのないもの
    • 有名メーカー・デザイナーのもの
    • ほつれている箇所のないもの

アールリサイクルへの買取依頼はフリーダイヤル090-8010-0983へ、メールでのお見積もり依頼はこちらから。

ページトップへ戻る

アールリサイクル大阪