家具買取

トーネット 買取


トーネット社は1819年にミヒャエル・トーネットによって
前身が設立された曲木技術を開発したことで知られる会社であります。

トーネット社はミヒャエル・トーネットが家具職人としての修業を積んで1819年頃から家具を創り始めたことが始まりとされています。ミヒャエルは、当時の木はまっすぐな素材という考えが主流だった時代に、曲木の技術の開発をし、板をニカワで貼り合わせて曲げる技術を習得し、1841年にはフランス・イギリス・ベルギーで特許を取得しました。曲木の技術による椅子を各地に展示して注目を集め、その中でウィーンの実力者に目をとめられ、本拠地を現在のウィーンに移籍し、1849年に工房を持つと、No.4とされた椅子が量産されることになりました。これは、1851年のロンドン万国博覧会にも出品されることになり、注目を集めました。1853年に社名をトーネット兄弟社と変更して、5人の息子と経営に当たるようになり、1857年に工場をウィーンからチェコのコリッチャイヌに移転させて、安価な労働力とブナの供給を確保しました。労働者の多くは低賃金の女性で、パーツに分解した後に現地で組み立てるという方式を取り、販売店もウィーンだけでなく、ロンドン・パリ・ニューヨーク・アメリカ・ヨーロッパの各地に展開しました。そんな中作られたNo.14の椅子は大ヒットとなり、1930年までに五千万脚が販売され、この椅子によって、1867年のパリ万国博覧会で、トーネット兄弟に金メダルが与えられました。


    • 破れ、シミなどがないもの
    • 木の捲れやささくれなどがないもの
    • 脚部分に傾き、がたつきがないもの
    • 割れ、欠け、ヒビなどが無いもの

アールリサイクルへの買取依頼はフリーダイヤル090-8010-0983へ、メールでのお見積もり依頼はこちらから。

ページトップへ戻る

アールリサイクル大阪