家具買取

アンティーク家具 買取

家具


「アンティーク」とは元々1870年頃まで古代ギリシャ、
ローマの遺物に対して使われた単語でした。

上流階級の間で行われていた欧米の美術品・宝飾品などをを含む物品の売買が、新興富裕市民層にも浸透するようになると工芸品などにも範囲が広がっていきました。現在「アンティーク」と言うと、純粋に法律上では輸入関税に関する法律で 「製作後100年を経た物」に限ると定義され関税額を決定する基準となっています。あくまで法律での話で、アンティークはおおまかに次のように、ラビッシュ・ブリックアブラック・ジャンク・アンティークと区別されております。ラビシュとは原語的に言えば、ごみの意味ですが、中古のテレビとか古着などリサイクル商品のことです。ブリックアブラックも同じような意味です。ジャンクとは1940年以降に作られたものに対して使われ、それ以前のものに一応アンティークという言葉が当てられているようです。第二次大戦を後は大量生産が定着し、物の作り方に関して大きな意識の変化があり稀少性・一品の価値が変わりました。歴史の流れの中できちんと区別されていくというのはやはり欧米の文化らしいですが、前記のような区別も今ではだんだん曖昧になってきています。 家具は生活の中では重要な道具の一つです。その場所に住み、生活する人々の必要に応じて作り出される為に歴史を追って見ると、種類・材質・デザイン・製作法など環境による影響が色濃く出てきます。それゆえ古代から現代まで数え切れないほどの様々なものが生まれてきました。 アンティーク家具の魅力は20世紀以前の真面目に手作りされたものは50年、100年使われ、きちんと修理、手入れされ大切にされて今に残りました。それらは年月が生み出したパティー ナを持ち、決して人工的に再現できない風合いをもつことです。また個々の家具は亡くなった前所有者の想い出、今は失われた過去の生活習慣、家族の歴史の証人など、永久に蘇ることの無い過去へ今も触れることができるという確かな感覚を私たちに与えてくれるものです。


    • 木の捲れやヒビ、傾きなどがないもの
    • 破れやシミなどのめだった汚れのないもの
    • 使用感の少ないもの
    • 脚のがたつきなどがないもの

アールリサイクルへの買取依頼はフリーダイヤル090-8010-0983へ、メールでのお見積もり依頼はこちらから。

ページトップへ戻る

アールリサイクル大阪