ブランド品・貴金属

プラチナ 買取


現代ではプラチナと呼ばれることが多いですが
学術用語としては白金が正しい呼び名です。

古くは古代エジプト第18王朝時代にファラオの装身具としてわずかながら利用されていました。現存する最古の白金製品は、ルーブル美術館収蔵の、通称「テーベの小箱」です。これはエジプトのテーベにある女性神官シェペヌペットの墓から出土した小箱で、紀元前720年から紀元前659年頃のものと思われます。また、10世紀頃には、南米でも装身具として利用されており、これは純度80 %以上もあるもので、当時すでに高度な精錬技術があったことを示します。ただ合金状のものでも融点まで加熱するのは当時の技術水準では不可能であったが、貴金属ゆえに酸素では酸化されない性質を利用し粉末状・粒状のものを現在の粉末冶金などと呼ばれる方法で成型していたものと考えられています。

アールリサイクルへの買取依頼はフリーダイヤル090-8010-0983へ、メールでのお見積もり依頼はこちらから。

ページトップへ戻る

アールリサイクル大阪