電動工具・特殊工具

電気ドリル 買取


電気ドリルとは、穴あけが主目的の電動工具です。
名称は、動力の「電気」と穴あけ工具の「ドリル」を合成した
俗称が正式名になりました。

1935年に日本で電気ドリルを最初に開発・販売したのが、現在の東芝(芝浦製作所)になります。電機ドリルは、発明された当時はドリルを取り付け正方向に回転させて木材や金属に穴をあける専用の電動工具でしたが、その後に色々な機能が本体に追加され、先端に取り付ける工具も豊富になって作業範囲が広がりました。その事により、穴あけ・締め付け・弛め・研磨・研削等の各種作業が可能となり、名称も機能性能を追加表示する各種電気ドリルとなりました。電気ドリルにもコード付き電気ドリル・コードレスドリル・ドライバードリル・インパクトドライバードリル・振動ドリル・ハンマードリルなど種類が多くございます。

日立/マキタ/パナソニック/ボッシュ/リョービ/ブラック&デッカー/中村製作所/トラスコ中山/藤原産業/ベルソス/マクロス/ハイオス/SP AIR/ミツモト製作所 など・・・

アールリサイクルへの買取依頼はフリーダイヤル0120-815-858へ、メールでのお見積もり依頼はこちらから。

ページトップへ戻る

アールリサイクル大阪